2015年1月10日土曜日

ステップ2「触れられる感覚を引き寄せる」ー気付きをうながすタッチ・4つのステップ

ステップ2「触れられる感覚を引き寄せる」

気付きをうながすタッチ・4つのステップのうちの
ステップ2について考えていきます。

このステップ2の段階では、「触れ方」はとても大きな意味を持つように
なると考えます。というのは、触れ手のタッチの質が丁寧でしかも明確でないと
受け手は、触れられる感覚を引き寄せることができないと私自身の
受け手としての体験から思います。

「触れられる感覚を引き寄せる」
エド・モーピンは、ロルフィングのロルフ博士はすでのこのことを語っていたと
言っています。
「スポンジが水を吸い込むように感覚を引き寄せなさい」
このように触れ手は、言葉によって受け手にうながすこともできるのですが、
しかし、触れ方が十分に丁寧で的確、明確であれば、
私の実体験からは、言葉によらず、受け手は自然にこの段階に入っていくと感じています。

そして、受け手がこの気づきの段階に入ると、
受け手のからだの表面が、解けるように感じるので、触れ手はそのこと
<ようするに受け手がステップ2の段階に入ったということが>
明確に分かると、エドは、述べています。

さて、エサレンアプローチに取り組んでいる皆さん、
そしてゆったりセラピーに取り組んでいる皆さん、
いかがですか?

私は実は、エサレンを日本に伝えた張本人として、
ここの部分がきちんと伝えられたかなーとちょっと危惧してるんですね。
なので、しつこくもこういう原稿を書く原動力にもなっているかもしれないんですけど。

いずれ、このステップ2を理解するには、受け手としてこの段階を
十分に体験しているかどうかということが必要不可欠ではないかと思います。
エサレンアプローチといった場合、この段階の気づきを提供できる質のタッチでないと
エサレンアプローチとはいえないというのが私の認識です。
ですから、ゆったりセラピー協会で行う実技試験では、受験者がこのレベルのタッチに
到達しているかどうかが合否判定の分かれ道になります。もちろん、明確な採点基準というものを示しており、それに従って採点し、合格点に達すれば、合格、というふうにはしていますが、この気づきのレベルのタッチに到達していないとたぶん合格点にはならない採点基準が作れたかなと自負しています。

長年、これでお金をいただいてセッションをしてきた身として、
正直、<エサレンアプローチ>でお金をいただくには、
少なくとも、次のステップ、ステップ3「肉の快」に到達していないと
ビジネスは難しいのではないかという考え方を持っています。

「肉の快」については、また次回、タッチによる気付きのステップ3として
書いてみますね。

「肉の快」については今朝配信したメルマガもそのことをテーマにしましたので、
その記事を貼付けておきますね。
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=amuesa&MagazineID=1&T=161&tv=



==
一般社団法人ゆったりセラピー協会
http://bodyworkjp.org/

会員サイト
http://yuttari.org/

心で触れるボディワークDVD&テキスト好評発売中
詳細はこちらからご覧になれます。
↓↓↓
http://esalenbodywork.jp/dvd/





0 件のコメント:

コメントを投稿