2015年4月17日金曜日

【ていねいに、大切に扱われる体験】

4月13日(月)ー15日(水)、第一回のゆったりセラピー認定インストラクターコースが終了しました。

これまでに、ゆったりセラピー基礎講座を終了した方が27名いらっしゃいまして、
その方達が対象なのですが、実は思う人数がぎりぎりまで集まらず、というのも、
実技試験を課したところ、なかなかみんな実技試験までたどり着けない、
という事態だったわけです。レポートもなかなか進まない、ということで、
「うーむ」という。

でも最終的には、締め切りが過ぎてからのお申込みが何件かあり、結局お断りする方もでてしまい、申し訳ありません、ということになってしまいました。

結局、苦肉の策ということで、実技試験を受けていなくてもレポートができていたら、
受講できるよということで行いましたので、
インストラクターコースを終えてから、実技試験をこなし、所定の論文と面談という
順番で認定をだしていきますが、今後も「実技試験合格」は、インストラクターコース後でもよいのかなという印象を持ちました。

インストラクターコースに参加することで、
ゆったりセラピーのコンセプトをじっくり学ぶことになるので、
より取り組みやすくなりますし、一人一人の実技の課題にも十分取り組めたと思います。そして、それができたのは、参加者の方々が、たいへん熱心に練習を積んでいて、
自分の課題をしっかり把握しておられた、ということが大きいです。たいへんレベルの高いコースになったと感じました。

なかなか実技試験にたどり着けない、ということは、
それぞれが真剣に取り組んでいるというなんだなと思いました。妥協していない、どうもうまくできていない、というところで、練習を繰り返しているということなのだなと。
「寄りかかり」「返し」という基本が、実はかなり複雑で高度な技術なんだということを
改めて認識しました。私は長年それが当たり前と思ってやってきたので、
実は、簡単にこなしてもらえると考えていたわけです。実際はそうではなく、いろいろな要素が必要なことが分かってきました。それで、受講生のみなさんは苦労されているわけです。
しかし、それは、受講生お一人お一人がゆったりセラピーのコンセプトを深く理解されて実技に取り組んでおられるということでもあり、本当にありがたいなと思いました。

さて、ゆったりセラピーのコンセプトが、しっかりと説明されるインストラクターコース、キーワードがいくつか提示されましたが、その中で
【ていねいに、大切に扱われる体験】
ということがピックアップされていました。

本当は誰でもがそれを望んでいることであり、しかしながら、なかなか体験できない、むしろ逆の体験をしてしまうことが多いのだということを思いました。ゆったりセラピーでは、この体験を提供する、ということなんですけど、ここのところ、もっとちゃんと言っていかなくてはと思いましたし、そのための「触れる」をもっと研究していく、ということが大切だなーと思いました。



花巻のゆったりサロン絆には、このところ、ご高齢(70代後半から80代)の方がリピートしていらしてくださっています。
「からだが楽になる」ということでいらしてくださいますが、私も回を重ねるごとに変化に気づいていて、たいへん勉強になっています。いくつになってもからだは変化するのですね。そして可能性を感じます。

例えば、からだの痛みを完全に取るには、と医者から手術をすすめられたりするわけですが、ご高齢になると躊躇もありますよね。私も日常生活がある程度不自由なく暮らせるのなら、もしかしたら、その痛みと折り合いを付けつつ、そのままの暮らしを続けた方がよいのかもしれないと思ったりします。でも医者にすすめられると、そうかなーと思ったり、一か八かやってみた方がいいのかなと思ったり、なかなか心を決められないこともよく分かります。

どのような医療が必要なのか、または望むのか、今の医療の考え方では特に高齢になると不適切なことが多い気がします。自分で選び取ってゆく勇気に寄り添えるように、それは自分のからだに聴くということなのですが、それが私の仕事かなーと、また、ゆったりセラピーの仕事として皆で共通の認識として育てていければいいなと考えています。

***
ゆったりセラピー入門講座
2015年4月30日(木)18:30-21:00
2015年5月11日(月)10:30-13:00
詳しくは、
http://bodyworkjp.org/nyumon-ippan/


ゆったりセラピー認定インストラクターコース
http://bodyworkjp.org/course-nintei/

2015年4月4日土曜日

ゆったりセラピー認定インストラクターコース

「ゆったりセラピー認定インストラクター」について、このところ、より明確なビジョンが生まれてきた。先日、今度、実証実験をさせていただく、認知症の方々のいらっしゃる施設を訪問したことも大きい。

また、ユマニチュードの考え方に出会ったことも大きいと思う。
以下、インストらラクターコースの概要を転記した。
==

触れることの豊かさを手から手へ、人から人へ

 ゆったりセラピーインストラクターとして、 

仲間とともに、地域コミュニティに貢献しませんか。

11080914_408914165958055_9173310651839798497_n  

ゆったりセラピーインストラクターとは

ゆったりセラピーインストラクターとは 触れることの豊かさを手から手へ、人から人へと伝える人です。

ゆったりセラピーインストラクターは、 ゆったりセラピーのコンセプトを理解し、
その「触れる」技を広く伝えることで 社)ゆったりセラピー協会理念
「触れること、触れられることの豊かさをすべての人に」
協会とともに実現する人です。

 ■ゆったりセラピー認定インストラクターは、
当協会の次のプログラムを教えることができます。

ゆったりセラピー入門講座
寄り添う触れ方の技法
ゆったりセラピー基礎講座
心で触れるハンドケア講座(予定)
触れることの温もりを!<認知症ケア>講座(予定)

 ■当協会が行う学術調査に参画し、「触れる・触れられること」による心身の変化及び「触れる質」についての実証実験に協力することを通して、「ソマティック心理学」及び「身の医療」研究に貢献します。

 ■”寄り添う触れ方”のプロフェッショナルとして、医療介護福祉分野への指導や、地域コミュニティへ貢献するボランティア活動を組織します。 

■実技試験に合格すれば、ゆったりセラピストとして、エサレンアプローチを実践するリラクセーションサロンを開業できます。


インストラクター認定取得要件&2015年度スケジュール 

1)ゆったりセラピー基礎講座受講<48時間>

レベル1
9月3日(木)、10日(木)、17日(木)、24日(木)10:00-13:00
10月1日(木)、8日(日)、15日(木)、22日(木)10:00-13:00

レベル2
11月5日(木)、12日(木)、19日(木)、26日(木)10:00-13:00
12月3日(木)、10日(木)、17日(木)、24日(木)10:00-13:00

2)現代レイキセミナーレベル1受講<10時間>   

2015年7月19日(日)、8月2日(日)10:00-16:00
  または
2016年1月10日(日)、1月31日(日)10:00-16:00

3)インストラクターコース受講(2泊3日合宿)<12時間>  
2016年2月1日(月)ー3日(水)

*ゆったりセラピーインストラクターの認定を取得するには、
上記すべての受講(70時間)と 所定のレポート
(ゆったりセラピー実技のケース15例、レイキヒーリング実技15例
    インストラクター論文)の  提出が必要になります。
基礎講座現代レイキセミナーの詳細はそれぞれのページも参照ください。
*合宿の詳細は、お申込みの方にお送りします。


受講料
426,600円(395,000円+消費税)
*お支払いはカード決済、または銀行振込をご利用いただけます。

早期申込割り引き
7月3日(金)までにお申込み、お支払いの方には、
お支払い総額395,000円となります。

会場
基礎講座、現代レイキセミナーは東京都内 四谷Tipi、
合宿は、岩手県花巻市大沢温泉山水閣


お申込みフォーム

インストラクターコースをお申込みの方には、 協会の準会員登録をお願いしております。 お申込み後、折り返し、準会員登録のご案内を送りいたします。 協会会員サイトもどうぞご覧ください。


ゆったりセラピーとは

「ゆったり」とは、心身一如の状態をあらわし、心とからだの調和がとれていることを意味します。健康で生き生きとしている様子を表します。  日本にセンサリーアウェアネスを伝えた、ジュディス・0・ウィーバーは、2014年10月18日に行われた、日本ソマティック心理学協会設立記念フォーラムの特別講演で、「1955年、ニューヨークのニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチという学術機関で、エーリヒ・フロームはシャーロット・セルバーとの共同講演を行い、頭とからだの分離は現代文明の特徴的病理であると話しています。」と述べています。  現代文明の特徴的な傾向、「頭とからだの分離」とは、全身を使って感じ取ることができる感覚、例えば、動き、バランス、重さ、方向性、筋肉、強さ、弱さ、骨格、そして、そうした感覚全体の統合感を失うことを意味します。本来、私達は、生まれながらにして、自分自身を一つの統合された存在と認識し、自らの内的な欲求に気付き、それに自然に応え、反応する能力を備えています。そうでなければ、からだはつながりのないバラバラの部品の集まりのようであり、自ら、ハイハイをし、立ち上がり、そして歩くというような発達は、起こりません。学ぶ、ということは、この全身を使って感じ取る事ができる感覚を通して成就します。  ゆったりセラピーとは、そうした本来生まれながらにして誰でも備わっている能力でありながら、現代社会の環境の中で失いがちな「心身」の自然な能力を「触れること・触れられること」を通して取り戻し、「ゆったり」感、心とからだの統合感、内的な充足感といった”豊かさ”を共有していく試みです。

お申込みフォーム