ゆったりセラピーと未来食つぶつぶ

 始まりは1999年のこと。

「エサレン®︎ボディワークを日本に広める」というミッションを実行するために東京に拠点を持つことにしたのだった。大きな覚悟のいる決断だった。一年ほどの間借りを経て、自前で都内の一角にオフィスとセッションスペースを持つに至った。そこが新宿の夏目坂の途中から一本通りに入り、豆腐屋さんの角を曲がって路地に入った一軒家の2階と3階。のちにその一軒家を丸ごとお借りすることになるのだが。

同じ通りの歩いて2、3分のところに間も無く(いや2、3年経ってからだったか・・・?)、未来食つぶつぶの大谷ゆみこさんのスタジオが引っ越してきた。なにやらビルごと改装している。どんなスタジオができるのだろう?ワクワクした。

私は大谷ゆみこさんをすでに知っていた。なぜなら、「未来食」を読んでいたから。 そして「未来食」に大きな衝撃を受けていた。

肉食では、地球上のみんながすべてお腹いっぱいにはなれない。
でも、みんなが穀物を食べれば、地球上のみんながお腹一杯になれて、しかもより健康になれる。しかも、環境を汚染しない。

というのだ。なら肉なんか食べなくて全然OK。私は、何しろご飯が大好きなのだった。

誰かが誰かを搾取して成り立つ社会。
人間が自然から収奪し続けることで成り立つ社会。
にうんざりしていた。どうやったら、そこから抜け出せる?
「未来食」にはその答えが書かれていた。

ゆみこさんのレシピ本「野菜だけ?」が出ると、早速買い込んで野菜だけ?料理に勤しもうとしたのだが、なんかうまくいかない。そのうち仕事が忙しくなって料理して食べること自体に注目できなくなっていった。東京にいるときは(その頃は二週間ごとくらいに東京と岩手を行ったり来たり)、ほぼコンビニか外食という生活になっていた。

「未来食」の一読者の私が、たとえ、同じ通りにオフィスがあるにせよ、ゆみこさんと個人的に知り合うには、何かきっかけがあったはずなのだが、なんかよく覚えていないのだ。もしかしたら、ゆみこさんの新しいスタジオに、サロンのパンフレットを置かせてもらいにいったのかもしれない。ゆみこさんは、施術を受けにいらしてくださっている。とはいえ、当時、私は直接、施術していなくて、スタッフが「先日、大谷さんがいらしてくださって・・・」と何度か伝えてくれた。

そのうち、ゆみこさんのスタジオは、ランチを始めて、その後レストランになり、また、スタジオに戻った。ランチをやっていた頃は、セッションの合間に一人で、や、あるいはワークショップの合間にみんなと食べにいってお世話になった。そして、始めてDVDを出版した時も、本を出した時も、そのスタジオで記念の会を開かせてもらっている。

 

書籍「心で触れるボディワーク」を出した時の記念の会で@つぶつぶレストラン
書籍「心で触れるボディワーク」を出した時の記念の会で@つぶつぶレストラン

 

やっぱり並々ならないご縁があるのかも。

さて、ある時私は、東京での活動に見切りをつけて岩手に戻る決心を怒涛のごとくして、そのオフィス兼サロンを手放した。そして、楽しんでいたつぶつぶランチとも同時にさよならしたのだった。

それから、何年も経ち、社)ゆったりセラピー協会を立ち上げて、すこーし軌道に乗ってきた頃、やっぱりちゃんと料理習いたいなー、習うとしたら、ゆみこさんの未来食以外にありえない、と思ったのだ。東京まで通えるかなー。。。やっぱ難しい。。。かも。。。と思いながら、調べてみると、なんと未来食つぶつぶは、全国展開をしていて岩手にも先生がいて教室があることを知る。

それが7年前のこと。岩手のつぶつぶマザー、のんちゃんこと伊藤信子さんから未来食セミナー1を受けて、一気にビーガンになるの巻。そして、シーン2、シーン3も受けて今に至る。

**ビーガンとは、肉・魚・乳製品を取らない食事をする人のこと

話が長くなりましたが、ここまでで22年くらい経ったというわけです。ははは。

で、何が言いたいかというとつまり、普段、肉魚乳製品、砂糖も取っていないのに、定期的に行っているゆったりセラピーや心で触れるボディワークの宿泊研修の時に、ビーガン食は望めなく普通の食事にならざるを得ないのが、年々続くうちに、自分自身それがきつくなってきた。

また、せっかくの宿泊研修時、受講生のみんなの身も心も、大きく変化するその時に、食事が未来食つぶつぶだったら、もっと助けになるはず、と思う。

そして、恒例の宿泊研修は、ゆったりセラピーの仲間と未来食つぶつぶをシェアする絶好の機会じゃないか、とも思う。

というわけで、先日のゆったりセラピーインストラクター特別コースは、こうなったのだ。

所沢のトトロの森の傍にある、古民家corotさんでの一泊2日の宿泊研修

所沢のトトロの森の傍にある、古民家corotさんでの一泊2日の宿泊研修。
所沢在住のつぶつぶマザー、高橋万帆(まほ)さんにお食事をお願いした。この写真は、最後のランチ、高キビボロネーゼをいただくところ。

左から2番目がまほさん。

 

 毎食、未来食つぶつぶ(雑穀を中心とした、和ビーガンの食の体系)をいただいて2日間過ごし、キラキラの私たちをみよ!!!



このメンバーで、
ゆったりセラピーバランスケアという新しい施術の体系を広めていこうとしてるわけ。
どんな融合が起こるかな。

 

 始まりは1999年のこと。

「エサレン®︎ボディワークを日本に広める」というミッションは、
これからどんな波紋を広げてゆくのだろう。
私としてのこのミッションは、たぶん完了した。
(と思える。)

 

祝・ミッション完了。

海を越えて、持ち帰ったエサレン・メソッドの根幹が
営々と祖先が築いてきた生活文化の中にあると、ゆったりセラピーを通して知る。
そしてそれらは、存在すら気付かれずに失われようとしている。

あたかも、かって失われようとしていた雑穀のよう。
未来食つぶつぶは、見事にそれを現代に再生した。


次なる私のミッションは、和のカラダを取り戻す、なのかもしれない。
雑穀が再生したように、私たちの内側に眠る、失われようとしているカラダの伝統と
みずみずしい豊かさと、そして多様性をどのように取り戻すことができるだろう。



**ちなみに私のゆったりセラピー基礎講座では、お昼(お弁当持参をお願いしています)にもれなく私の作った雑穀入りスープと未来食つぶつぶのスィーツがついてきます!


==

 


ゆったりセラピーの学校メールレッスン
 
自身の内側の気づきを促す、
朝の5分を過ごしてみませんか。
ゆったりセラピーの始まりです。




 <心で触れるボディワーク無料オンライン講座>    

ー毎月一回中継 ー 

詳しくはこちらから http://bodyworkjp.org/kokofure-webseminar/ 

 

 鎌田が行うゆったりセラピーのデモンストレーション 

<ゆったりセラピー施術の要オンライン講座>

 詳しくは、こちらから http://bodyworkjp.org/kaname-webseminar/   

== 



社)ゆったりセラピー協会の
施術者養成 2つのトレーニング

ゆったりセラピー基礎講座

着衣のままで受けられるエサレンアプローチの全身ケア、ゆったり整体を中心に
基本の施術方法と身体技法を学びます。

 
心で触れるボディワーク本格コース

全身オイルトリートメント。 エサレンアプローチ独特のロングストロークを中心に
オイルと使った施術方法と身体技法を学びます。



==


ゆったりセラピスト®️鎌田麻莉の公式HP
カラダ・最後の砦を守り抜くために


コメント

人気の投稿