膝をくる、股関節を内旋させる動き

 和のカラダレッスン#5 イロハのホ 「膝をくる、股関節を内旋させる動き」

 


椅子に座る生活が中心となり、日常に正座する機会がなくなると、「膝をくる動き」は失われてしまいがちなのではないかと思います。

この「膝をくる動き」は股関節の内旋の動きです。股関節を内旋させる動きは、実は体軸を保つためには重要な動きなんですね。ゆったりセラピーの施術では、寄りかかりを使っていくために、寄りかかる対象の組織に軸を向ける、向きを合わせるということが必須ですが、この時にこの股関節の内旋の動きができないと軸がぶれてしまいます。

まずは、この正座での膝をくる動きで、股関節の微細な内旋の動きを実感してみましょう。この内旋の動きが軸を支えるのです。

前回の#4 イロハのニで行った、軸を回す動きは、この膝をくる動きからその動きが導き出されます。なので、ホとニはセットで練習してもらえるといいかなと思います。

和のカラダレッスン#4 イロハのニ 「軸を回して向きを変える」https://blog.esalenbodywork.jp/2022/06/blog-post.html

 

この膝をくる動き(股関節の内旋)が自然に出るようにカラダを調整できれば、
ロングストロークを行うような施術をやっている方は、きっとロングストロークの質が上がったように感じると思いますし、実際によりスムースな動き、広がりのある動きを実感できるはずです。そして、受け手の方の実感もより深まるのではと思います。

ロングストロークはストロークをつなげていくオイルトリートメントの行い方ですが、意外と上半身の安定が崩れてふわふわとした触れ方で行なっている方は多いと思います。それでもそこそこ心地よさは受け手の方に味わっていただけるとは思うのですが、それだけだときっと施術の広がりや本来の面白さや深みに気づけないかなーと思うのです。

「膝をくる、股関節を内旋させる動き」は、特にロングストロークに寄りかかりを使っていく際には、欠かせないカラダの動き、カラダの使い方になると思います。

立ったままでの練習に先立って、この動画のように正座で行い
「膝をくる」という動きを練習すると動きの意味がわかりやすいかなと思い
レッスンに加えてみました。

 

==

 

 <和のカラダレッスンについて>

ゆったりセラピー基礎講座や心で触れるボディワーク本格コースで折に触れてゆったりセラピスト鎌田麻莉が語ってきたカラダの使い方。

それができるようになるためのレッスンを毎回5−10分の短い時間で行なっています。
名付けて ”和のカラダレッスン”

エサレンボディワークから生まれたゆったりセラピーの施術技法として 重要な「寄りかかり」そして、それに伴う「返し」を捉える身体感覚。

和のカラダは、ゆったりセラピーの施術技法の基本となる身体技法、身体感覚を育む日常の所作、 そしてそうした所作ができるカラダのことを言います。

和のカラダレッスンは、 錆びついた現代人のカラダの動きの繊細さを取り戻すためのレッスンです。 そして、ゆったりさを取り戻すための、カラダの文化のレッスン です。

ボディケアの施術者にとっては 施術の繊細さを生み出す要(カナメ)となる、 自身のカラダの柔軟さと、気づきを促すレッスンです。

エサレンボディワークから生まれたゆったりセラピーの施術技法として 重要な「寄りかかり」そして、それに伴う「返し」を捉える身体感覚。 和のカラダは、ゆったりセラピーの施術技法の基本となる身体技法、身体感覚を育む日常の所作を和のカラダレッスンで練習してみましょう。

和のカラダレッスンは、 錆びついた現代人のカラダの動きの繊細さを取り戻すためのレッスン そして、ゆったりさを取り戻すための、カラダの文化のレッスン

毎回5分から長くて10分で行います。 ボディケアの施術者にとっては施術の繊細さを生み出す要となる、 自身のカラダの柔軟さと、気づきを促すレッスンです。

<講師・鎌田麻莉プロフィール>
エサレン®ボディワーク(全身オイルトリートメント)の日本の草分け的存在。1987年単身米国に渡り、それから5年、ニューヨーク市に住む。その間、気功、太極拳、ヨガ、チベット仏教に出会い、西洋文化の中で東洋の哲学と身体技法を学ぶこととなった。また、台湾人鍼医の日本人顧客向け通訳としてアシスタントを務め、同時に経絡・鍼灸・漢方処方を学ぶ。その後、ナチュラル・ヒーリングを志して、1990年1月にカリフォルニア州エサレン研究所の集中トレーニングを終了、同年認定。ボディワーカーとしてのキャリアをスタートさせた。1992年に帰国し、日本でのエサレンボディワークの実践をスタート。 1999年-2007年、日本で初めてエサレン®ボディワーク資格認定コースを主宰。「エサレン」の名を日本に広めた。2008年より、心で触れるボディワークスクールを開校、自身で教え始める。震災をきっかけとして2011年より、エサレンのアプローチを着衣のままで受けることのできる「ゆったり整体」の研究開発に着手、それまでの施術者としての経験を「ゆったりセラピー」としてまとめあげた。2013年、社)ゆったりセラピー協会を設立し、セラピストの育成とともに認定講師の養成に注力し、エサレンメソッドを日本の風土と文化に見合う形での普及に取り組む。和のカラダを提唱する。 現在、岩手県花巻市在住、温泉サロン・リラクセーション水心及び、町中サロン・ゆったりサロン絆で、ゆったり®️セラピスト続行中。スクールも花巻にある。

ゆったりセラピスト・鎌田麻莉のHP
カラダ・最後の砦を守り抜くために
https://kokorodefureru.com/

地球とつながり、心で触れる ゆったりセラピーの学校
https://esalenbodywork.jp/

社)ゆったりセラピー協会
https://bodyworkjp.org/

 

 

 

鎌田麻莉の公式メルマガ
エサレンアプローチへの一つの明確な答え
(月3−4回配信)より

メルマガ登録はこちらから


== 

ゆったりセラピーの学校メールレッスン
 
自身の内側の気づきを促す、
朝の5分を過ごしてみませんか。
ゆったりセラピーの始まりです。




 <心で触れるボディワーク無料オンライン講座>    

ー毎月一回中継 ー 

詳しくはこちらから http://bodyworkjp.org/kokofure-webseminar/ 

 

 鎌田が行うゆったりセラピーのデモンストレーション 

<ゆったりセラピー施術の要オンライン講座>

 詳しくは、こちらから http://bodyworkjp.org/kaname-webseminar/   

== 



社)ゆったりセラピー協会の
施術者養成 2つのトレーニング

ゆったりセラピー基礎講座

着衣のままで受けられるエサレンアプローチの全身ケア、ゆったり整体を中心に
基本の施術方法と身体技法を学びます。

 
心で触れるボディワーク本格コース

全身オイルトリートメント。 エサレンアプローチ独特のロングストロークを中心に
オイルと使った施術方法と身体技法を学びます。



==

 

コメント

人気の投稿